電話をかける

LINEでお問い合わせ

かがやき鍼灸整骨院

お尻から足にかけての痺れでお困りの方へ・・・浜松市浜北区【かがやき鍼灸整骨院】

患者様の声

コラム

COLUMN

  • お尻から足にかけての痺れでお困りの方へ・・・浜松市浜北区【かがやき鍼灸整骨院】
  • かがやき鍼灸整骨院

    かがやき鍼灸整骨院

  • 2024/01/26 09:25

    ・お尻から足にかけての痺れる様な痛み

    ・長時間座っていると足が痺れる

    ・前や後ろに体を反らすと痛みや痺れがでる

    ・足の感覚が鈍くなっている

    ・病院で坐骨神経痛と診断され湿布などを貼

    ってもよくならない

     

     

    ●坐骨神経痛とは

     

    坐骨神経は腰椎の4・5番目の神経と仙骨の前面から出る神経の束が合わさり、大殿筋(お尻の筋)の下から大腿の後ろを通り、膝の裏の上(大腿の下3分の1の高さ)で前後とに分かれて走行しています。

    歩いたり、転ばないようにバランスをとったりするためには、脳(中枢)から脊髄を通り、下肢の動きに関してはこの坐骨神経(末梢神経)に無意識に指令が出ています。また、下肢の皮膚感覚にも大切な働きをしています。

    坐骨神経は腰椎から出た神経と仙骨から出た神経が合わさった非常に太い神経です。人体の中で最大の神経でペン軸ほどの太さがあります。

    末梢までの長さは1m以上もあります。臀部から太もものうしろがわを通って膝の近くで、すねの方とふくらはぎの方と二またに別れて走行し、足の甲と足の裏に続いています。

    坐骨神経は末梢神経のなかで最も太く長い神経です。第4、5腰神経と第1~3仙骨神経からなり、梨状筋の下を通って大腿後面を下行し、膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれます。

    つまり坐骨神経痛は、神経が腰椎の隙間から出て骨盤をくぐり抜け、お尻の筋肉から顔を出す間のどこかで、圧迫や絞扼などの障害を受けた為に発症すると言えます。

    坐骨神経は腰椎の4・5番目の神経と仙骨の前面から出る神経の束が合わさり、大殿筋(お尻の筋)の下から大腿の後ろを通り、膝の裏の上(大腿の下3分の1の高さ)で前後とに分かれて走行しています。

    歩いたり、転ばないようにバランスをとったりするためには、脳(中枢)から脊髄を通り、下肢の動きに関してはこの坐骨神経(末梢神経)に無意識に指令が出ています。また、下肢の皮膚感覚にも大切な働きをしています。

    坐骨神経は神経のなかで1番太く、しかも1番長い神経です。

     

    ●原因

    坐骨神経痛とは、病名ではありません。症状を表す言葉です。

    何らかの原因によって坐骨神経が圧迫されたり刺激を受ける事で起こる痛みや痺れなどの症状を総称して「坐骨神経痛」と呼んでいます。

    しかし、病院でレントゲンやMRIを撮っても「異常はありません」と言われる方は多くいます。

    では、なぜ坐骨神経痛になってしまうのでしょうか?

     

    1. 骨盤、背骨などが原因

    病院などで原因のわからない85%の多くは、骨盤、背骨などの歪みがきっかけになります。

    腰を支える筋力が低下し、お尻の筋肉に強いストレスがかかります。

    すると坐骨神経が圧迫されて坐骨神経の支配領域(腰、お尻、太もも〜ふくらはぎ)の筋肉や皮膚に知覚的な違和感、痛みが発生します。

     

    2. 他の病気が原因

    椎間板ヘルニア、すべり症、梨状筋症候群、椎間板症など病名がつくもの原因となる事もあります。

     

    3. ホルモンバランスが原因

    妊娠によるホルモンバランスの崩れが原因となる事もあります。

    ホルモンバランスが崩れると梨状筋を緊張させ、緊張した梨状筋が坐骨神経を圧迫し痛みや痺れを発生させます。

    その他、感染症やストレスなどの精神的な要因が原因となる事もあります。

     

    4. その他の原因

    その他、感染症やストレスなどの精神的な要因が原因となる事もあります。

    痛みの原因は人によって様々です。ですのでしっかりと状態を見極めて施術やケアをする必要があります。

     

     

    ・症状について

    坐骨神経に障害が起こると、お尻、太もも、ふくらはぎ、足にかけて、鋭い痛みやしびれ、張り、冷感や灼熱感、締めつけ感などのいろいろな症状が起きます。代表的な場所は、お尻、太ももの後ろ側・ふくらはぎで、一部分だけに強く感じることもあれば、下肢全体に強く感じる場合もあります。

     

     

    ●当院での治療について

    ・鍼治療

    緊張している筋肉に対してピンポイントで狙えることができ、鍼の効果である自然治癒力を高めることで、痛みと炎症が早く引いていきます。

     

     

    ・ストレッチ
     

    手技により筋肉の緊張を取り除きお尻の負担を軽減させていきます。

    全身のバランス調整も大切でお尻以外の状態、例えば骨盤動きの悪さ股関節の柔軟性の悪さによってお尻の負担になっている場合があるのでそちらを調整していきます。

     

     

    ご予約、ご相談はこちらから

     

     

    かがやき鍼灸整骨院

    浜松市浜北区寺島2377-4 

    Tell053-545-5010

     

     

    診療時間

    AM9:00〜12:00

    PM3:30〜8:00

     

     

     

    AM9:00~12:00/3:30~8:00

    土曜:AM9:00~12:00

    休診日:日祝

     

かがやき鍼灸整骨院

元気・笑顔になって帰ってもらいたい。それが当院の願いです!

スタッフ

診療時間
9:00〜12:00
15:30〜20:00

※受付は15分前まで 9:00~12:00/15:30~20:00 土曜:9:00~12:00 休診日:日・祝

※受付は15分前まで

お気軽にお問い合わせください。

Tel.053-545-5010

静岡県浜松市浜北区寺島2377-4

女性スタッフ在籍/駐車場11台完備/キッズスペース有

女性スタッフ在籍
駐車場11台完備
キッズスペース有